簿記3級 第1問対策!

簿記三級を問題別に対策,簿記三級第一問対策!,独学で合格を目指す人におすすめ,

問題形式

仕訳問題5問です。

5つの取引が記載され、記載された勘定科目一覧から、最も適切と思われる勘定科目を選択し、仕訳する問題です。

 

配点

5問×4点の計20点

 

重要度

非常に高いです。

5問中4問正解を目指そう。

 

解き方のコツ

1.誰のための仕訳なのかを意識しよう

仕入れたのか、販売したのか、掛けにしたのか、掛けにされたのかなど

仕訳の主体を意識して問題を読もう

 

2.仕訳は勘定科目単位で考えよう

いきなり全体の仕訳を解こうと考えないようにしよう。

 

例題、商品¥200,000 を販売し、代金のうち¥180,000 は商品券で受け取り、 残額は現金で受け取った。

取引を一つ一つ分解して考えよう。

商品¥200,000 を販売 ⇒ 貸方 売上200,000円

代金のうち¥180,000 は商品券で受け取り ⇒ 借方 受取商品券180,000円

残額は現金で受け取った ⇒ 借方 現金 20,000円

整理して解答

借方 金額 貸方 金額
受取商品券 180,000円 売上 200,000円
現金 20,000円

 

勉強のコツ

1.新しい勘定科目を勉強する際に、資産、負債、収益、費用なのかを意識しよう。

2.資産が増える⇒借方、資産が減る⇒貸方 など、仕訳のルールを意識して勉強しよう。

3.過去問を解いて試験問題の言い回しに慣れよう。

 

簿記3級の問題別対策記事

© 2021 カリタブログ