簿記3級は就職・転職に有利?

有利になる人とオススメの就職先,簿記三級は就職・転職に有利?,就職・転職を考えている人におすすめ,

こんな方におすすめ

  • 簿記3級を就職・転職のために勉強しようか迷っている人
  • 簿記3級合格を履歴書に書くべきか迷っている人
  • 就職・転職を考えている人

簿記3級は就職・転職に有利?

 

結論から言うと、有利です。

但し、簿記3級を持っているからと言って積極的に採用しようとはなりません。

あくまでも、プラスアルファとして考えられる資格です。

もちろん、簿記3級合格を社内の昇級要件にしている会社もありまた、

企業経営に関する仕事の為、持っていて損はない資格です。

 

簿記3級の社会的評価

多くの面接官は簿記3級合格者対して

  • 「借方」「貸方」がわかる
  • 会社の経理の流れがある程度わかる
  • なんとなく決算書がわかる

といった印象を持っています。

 

そのため、会計事務所や税理士事務所、経理職への就職・転職には弱い資格ですが、

その他の職種に関しては、プラスに捉えられます。

会計事務所や税理士事務、経理職への就職・転職を考えている人は、最低でも2級を取得しましょう。

 

簿記3級が有利になる人

会計事務所や税理士事務所、経理職への就職・転職には弱い資格ではありますが、

  • 簿記を学校で勉強していない学部の人
  • 営業職などの経理・財務以外の職種への就職・転職を目指す人

にとっては簿記3級合格は就職・転職に有利になると言えます。

 

おすすめの就職先

簿記3級の資格だけでは、会計事務所や税理士事務所、経理職への就職・転職への強みになりませんが、

今後もキャリアアップを続けて行く行くは簿記1級まで目指したいなどのアピールできれば、簿記3級を持っていることで説得力が増します。

その他の職種に関しても、何も資格がない人よりも有利であることは間違いありません。

マイナビエージェント などの主なターゲットユーザーを20代~30代のビジネスパーソンにおいているキャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれる人材紹介会社に登録して求人を探しましょう。

自己PR、履歴書・職務経歴書などの応募書類一式についての客観的アドバイスや、書類応募、面接日程の調整や条件交渉、企業への応募や面接の日程調整など転職活動中に発生する企業とのやり取りをキャリアアドバイザーが代行してくれるため、若手ビジネスマンにおすすめです。

 

就職・転職を考えている人におすすめの記事

© 2021 カリタブログ