簿記2級を独学で合格するためのおすすめのスケジュール

簿記二級を独学で合格,おすすめのスケジュール,独学で合格を目指す人におすすめ,

こんな方におすすめ

  • 簿記2級の短期合格を目指す人
  • 簿記2級の勉強スケジュールの立て方で悩んでいる人
  • 簿記2級を独学で合格を目指す人

スケジュールの立て方

簿記2級は勉強時間さえ確保することができれば、

  • 1カ月
  • 2カ月
  • 3か月

でも合格することは可能です。

 

推奨勉強時間

簿記2級の推奨勉強時間はおよそ120時間~220時間です。

 

自分の生活リズム、確保できる勉強時間から無理がないようにスケジュールを立ててみてください。

スケジュールの段階で無理があると実行することが難しいです。

スケジュールには出来る限り余裕を持たせてください。

 

3カ月で合格を目指すモデルスケジュールを下記に記載しますので、是非参考にしてみてください。

3か月で合格を目指すスケジュール

推奨勉強時間

  • 平日1~2時間
  • 土日2~4時間

第1週目

工業簿記のテキストを一回、時間を決めて読み、その後直近の工業簿記の過去問を一回解きます。

簿記2級のレベルを知ることが目的です。

過去問を解けるようになるためにはテキストをどの程度勉強する必要があるのかをこの週に確かめてください。

第2週から第3週

第1週でつかんだ感覚をもとに、過去問が解けるようになるレベルを意識して再度テキストを進めていきます。

テキストに例題が記載されている場合には丁寧に解いてください。

第4週から第7週

以後、本番と同じ様に工業簿記の過去問を解きます。テキストの全般的な暗記・理解が足りていないと感じる場合には、テキストに戻ってください。

間違えた範囲のテキストを復習し、100点が取れるようになるまで繰り返します。

取り掛かった過去問で100点とれるようになってから、次の過去問に進んでください。

ここで工業簿記で満点がとれる自信をつけてください。

5年分の過去問がおすすめです。

第8週

商業簿記のテキストを一回、時間を決めて読み、その後直近の商業簿記の過去問を一回解きます。

簿記2級のレベルを知ることが目的です。

過去問を解けるようになるためにはテキストをどの程度勉強する必要があるのかをこの週に確かめてください。

第9週から第10週

第8週でつかんだ感覚をもとに、過去問が解けるようになるレベルを意識して再度テキストを進めていきます。

テキストに例題が記載されている場合には丁寧に解いてください。

特に「重要」と記載されている箇所は重点的に勉強して下さい。

第11週からラスト

本番と同じ様に商業簿記と工業簿記の過去問を解いてください。

間違えた範囲のテキストを復習し、100点が取れるようになるまで繰り返します。

取り掛かった過去問で100点とれるようになってから、次の過去問に進んでください。

 

第10週まででも合格できる確率あります。

商業簿記で満点取れなくても焦る必要はありません。

 

独学で合格を目指す人におすすめの記事

© 2021 カリタブログ