簿記2級を独学で合格するには

簿記二級を独学で合格,簿記二級を独学で合格するには,独学で合格を目指す人におすすめ,

こんな方におすすめ

  • 簿記2級を独学で合格出来るか知りたい人
  • 簿記2級をどのように勉強したらいいか知りたい人
  • 簿記2級を独学で合格を目指す人

簿記2級は独学で合格できるか?

簿記2級は、

簿記2級を専門に勉強する学生受験者の割合が少ないこと

  • 合格率が20%前後であること
  • 年3回チャンスがあること

から、試験難易度としては普通と言えます。

 

また、多くの受験生が

  • テキスト・過去問を自分で選んで購入し勉強する方法
  • 通信講座に申し込んで講座・問題のセットを使用して勉強する方法

により独学で勉強しているため、独学で合格を目指すことの出来る試験と言えます。

 

どのように独学で勉強したらいいのか?

簿記2級の合格点

簿記2級の合格点は100点満点中70点です。

  • 商業簿記60点
  • 工業簿記40点

の配分で出題されます。

 

簿記2級の罠

簿記2級には、

  • 商業簿記40点~50点
  • 工業簿記10点~20点

と言った、60点ちょっとのあと一歩の点数で落ちている人が多いと思います。

 

簿記2級は、

  • 商業簿記の方が工業簿記よりも配点が高い
  • 簿記3級試験科目に商業簿記がある

ため、商業簿記の勉強から始めて、工業簿記の対策がしっかりとできていない人が落ちている印象です。

 

独学で合格するためには

工業簿記の配点は40点と商業簿記の配点に比べて低いですが、

工業簿記は出題範囲が狭く簡単な問題が多いため、テキスト・過去問をしっかり勉強することで満点を狙いやすいです。

工業簿記で満点の40点が確保出来れば、

商業簿記は60点中30点(つまり半分の正解率)で合格出来ます。

商業簿記は部分点が取りやすい出題形式になっているため、頻出論点を中心とした勉強で得点が稼ぎやすいです。

つまり、工業簿記を中心に、商業簿記は頻出論点をおさえる勉強が合格の近道です。

 

独学で合格を目指す人におすすめの記事

© 2021 カリタブログ