簿記1級を独学で合格するには

簿記一級を独学で合格,簿記一級を独学で合格するには,独学で合格を目指す人におすすめ,

こんな方におすすめ

  • 簿記1級を独学で合格出来るか知りたい人
  • 簿記1級をどのように勉強したらいいか知りたい人
  • 簿記1級を独学で合格を目指す人

簿記1級は独学で合格できるか?

簿記1級は、

  • スクールに通い会計士試験・税理士試験を目指す学生が多く受験していること
  • 合格率が10%を下回っていること

から、難易度は非常に高いと言えます。

 

一方で、

  • 会計士試験・税理士試験を目指す学生は簿記1級の勉強に特化していないこと
  • 簿記検定は歴史ある試験で市販の教材の精度が高いこと

から、独学でも合格を目指すことの出来る試験と言えます。

 

どのように独学で勉強したらいいのか?

簿記1級の合格点

簿記1級の合格点は100点満点中70点です。

  • 商業簿記25点
  • 会計学 25点
  • 工業簿記25点
  • 原価計算25点

の配分で出題されます。

 

簿記1級が難易度の高い理由

簿記1級は、

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

の4科目により出題されますが、1科目ごとの得点は40%以上とするとの足切が設けられています。

市販のテキストの冊数でみても

  • 簿記3級 テキスト1冊
  • 簿記2級 テキスト2冊(商業・工業各1冊)
  • 簿記1級 テキスト6冊(商業・工業各3冊)

と試験範囲が広く、全般的な勉強に手が回らずに足切に苦しめられる受験生が多いのが現状です。

 

独学で合格するためには

簿記1級の特徴

  • 試験範囲は広く
  • 試験では狭く深い問題が出題される

ため、勉強時間と得点が比例し辛く、報われにくい試験と言えます。

 

何から勉強を始めればいいのか?

工業簿記・原価計算から勉強を始めるのがおすすめです。

工業簿記・原価計算は部分点がつきづらい科目のため、

受験生の多くが

  • 8割から9割得点できる工業簿記・原価計算が得意な受験生 と
  • 4割の足切ぎりぎりの受験生

にわかれます。

4割の足切ぎりぎりの科目があると、合格することは非常に困難です。

先ずは、工業簿記・原価計算で得点をとれるようになる必要があります。

特に商業簿記に関しては、部分点が非常に取り易く、商業簿記で満点を取る勉強は時間がかかりますが、7割を目指す勉強は難しくありません。

先ずは、

  • 商業簿記6~7割
  • 会計学 5~6割
  • 工業簿記8~9割
  • 原価計算8~9割

あたりを目指す勉強が合格の近道です。

 

独学で合格を目指す人におすすめの記事

© 2021 カリタブログ