簿記1級の勉強内容

簿記一級の勉強はどんなことに役立つのか,簿記一級の勉強内容,受けようか迷っている人におすすめ,

こんな方におすすめ

  • 簿記1級でどんなことを勉強するのか知りたい人
  • 簿記1級の勉強はどんなことに役立つのか知りたい人
  • 簿記1級をこれから受けようか迷っている人

簿記1級ではどんなことを勉強するのか?

簿記1級では商業簿記と工業簿記が出題されます。

商業簿記

商売によっていくら儲かったかを記録・計算し、報告するための技法です。

仕訳と言われる方法で取引を記録し、記録した取引を集計することで、

財務諸表という企業の業績を示す表を作成します。

工業簿記

製造業などで用いられる1製品当たりの原価を記録・計算するための技法です。

製造業などでは、生産活動に関しては工業簿記を、その後の製品の販売活動に関しては商業簿記を使用します。

 

簿記1級では主に、

  • 会計基準を含む高度な商業簿記の理解
  • 複雑な原価計算や損益分岐点分析などの経営管理・経営分析

について勉強します。

 

簿記1級の勉強はどんなことに役立つのか?

簿記1級を主催している日本商工会議所が定める簿記2級のレベルは下記の通りです。

極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。

合格すると税理士試験の受験資格が得られる。公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。

出典:日本商工会議所Webサイト - 簿記1級のレベル

 

簿記1級を勉強することで、

会計基準を含む高度な商業簿記の理解や、一般的な経営管理・経営分析ができるようになります。

  • 会計士(US含む)試験、税理士試験を目指す人
  • ファイナンス、投資や会社経営に興味がある人

などに特におすすめです。

簿記1級のサンプル問題はこちらのサイトで見ることが出来ます。

日本商工会議所Webサイト

 

受けようか迷っている人におすすめの記事

© 2021 カリタブログ