【簿記1級】材料消費単価の計算

簿記一級講座材料消費単価の計算

こんな方におすすめ

  • 実際原価計算・費目別計算を勉強している人
  • 先入先出法・平均法・個別法などを知りたい人
  • 簿記1級合格を目指す人

材料費の計算

(一)直接材料費,補助材料費等であって,出入記録を行なう材料に関する原価は,各種の材料につき原価計算期間における実際の消費量に,その消費価格を乗じて計算する。

出典:原価計算基準 第二章 一一 材料費計算

材料費は、

実際の消費量×その消費価格=材料費

として計算されます。

つまり、材料費を計算するにあたっては、

  • 消費量
  • 消費価格

の2つをどのように計算するのかがポイントになります。

この記事では、消費価格の計算についてまとめています。

 

消費単価の計算

(三)材料の消費価格は,原則として購入原価をもって計算する。

同種材料の購入原価が異なる場合,その消費価格の計算は,次のような方法による。

  1. 先入先出法
  2. 移動平均法
  3. 総平均法
  4. 後入先出法
  5. 個別法

材料の消費価格は,必要ある場合には,予定価格等をもって計算することができる。

出典:原価計算基準 第二章 一一 材料費計算

原価計算基準上、消費価格の計算には5つの種類記載されています。

それぞれ見ていきましょう。

先入先出法

最も古く取得されたものから順次払出しが行われ、期末棚卸資産は最も新しく取得されたものからなるとみなして期末棚卸資産の価額を算定する方法

出典:企業会計基準第9号 6-2.(2) 先入先出法

先に買ったものから順次払出されるという非常にわかりやすい考え方です。

ちょっと一言

先入先出法は英語でFirst in-first out methodと言います。日本本社の経理の人達は、頭文字をとって、FIFO(ファイフォー)とミーティングでよく言うので覚えておくと便利です。

移動平均法

取得した棚卸資産の平均原価を算出し、この平均原価によって期末棚卸資産の価額を算定する方法

なお、平均原価は、総平均法又は移動平均法によって算出する。

出典:企業会計基準第9号 6-2.(3) 平均原価法

移動平均法とは、受入の都度、平均価格を算出する方法です。

購入の都度、

残存購入価額÷残存数量=平均価格

として計算します。

途中で払出があった場合には、その分残存購入価額と残存数量を減少させます。

残存購入価額の減少額は、

その時点の平均価格×払出数量

として計算されます。

ちょっと一言

イメージとしては、創業以来使用している秘伝のタレです。継ぎ足し継ぎ足しで計算します。

総平均法

(期首材料残高+当月材料購入高)÷(期首材料数量+当月材料購入数量)=平均価格

として計算する方法です。

この方法の場合、計算は一度で済みますが、月が締まらないと平均価格を計算することが出来ません。

ちょっと一言

実務上、人により平均法と言った時に、移動平均法なのか総平均法なのかを区別できないため念のため確認した方が無難です。

後入先出法

後入先出法については、会計基準の2008年改正で、棚卸資産の評価方法として採用されなくなりました。

原価計算基準は昭和三十七年の実施基準と非常に古く、改正されていないため、後入先出法の文言が残っています。

個別法

取得原価の異なる棚卸資産を区別して記録し、その個々の実際原価によって期末棚卸資産の価額を算定する方法

個別法は、個別性が強い棚卸資産の評価に適した方法である。

出典:企業会計基準第9号 6-2.(1) 個別法

高価な一点物の材料管理に適しています。

 

材料費に関する記事

© 2021 カリタブログ